ひさびさにバングラデシュ

ここでは、「ひさびさにバングラデシュ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シャチョサーン」
携帯の向こうから独特のトーンが聞こえてきた。

彼は僕の事をそう呼ぶ。
彼とは、バングラデシュ人の社長である。

向こうから電話がかかって来るのは珍しいし、やけに元気がよさそうなので理由を訊ねたら、
「船積みの証明書が取れた」らしい。
最近気にしないようにしていたが、僕の内心はひどくうれしい。
「とりあえず、お金は返ってきそうだ」

もちろん、最大級にうれしいのは、当の社長である。
盛んに感謝してくれていた。

それと、バングラデシュに30人の従業員をもつ社長でもあるので、何とかビジネスしようとも言っていた。

こんな縁もなければバングラデシュに行くこともないので、行ってみようかなどと思案中。
最貧国、イスラム教、日本の2倍の人口密度
負のイメージしかないところに加えて、先日のサイクロンである。

とある日本人が、首都ダッカに着いた時、霧のような靄がかかっていたものの正体が、ゴミのチリであったと気づいたときに唖然としたとのコメントもあった。

でも、そんな中、孤軍奮闘している日本人も少なからずいらっしゃいます。

サイクロン「シドル」
第一報はニュースからでしたが、現地の具体的な状況や生活のイメージは、その方たちのブログから発信された情報の方がはるかに早く、またリアリティーに富んだものでした。

質問にも答えてくれますし、表現は悪いですが、まさに私設駐在員感覚さえしてしまいます。

ホントにネットってすごい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちゃれんじぃさん。

こんばんわ。MOOです。
コメント頂き、ありがとうございます。
“空港に降りた麻薬密売人”一人笑い、させて頂きました。
確かに、怪しいですね。納得です。(笑)

え~と、バングラディッシュですか、ん~ん。
確か、世界遺産・・・、ありましたよね。

海外の国々に足を運び、世界を見るって刺激的ですよね。
仕事、遊びを問わず、チャンスがあれば時間を犠牲にしても
行きたいですね。

バングラディッシュ行きが実現することを願っています。

それでは、応援して帰ります。
また、お邪魔させて頂きます。
2007/11/28(水) 04:36 | URL | MOO #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/28(水) 10:15 | | #[ 編集]
2008/09/19(金) 04:12 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://challengei.blog20.fc2.com/tb.php/16-bccb5e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。